アットノエル流ディレクターとは

 

アットノエル代表の水上です。

今回、弊社のWebサイトリニューアルに伴い、新たに新設されたコンテンツ「DIRECTOR BLOG」。

わたくし代表水上も、いちディレクターとして綴ってまいります。

どうぞよろしくお願いします。

DIRECTORS BLOGの主旨

さてさて、まずはこの「DIRECTORS BLOG」の主旨を簡単にお話致しましょう。

Webサイト制作は、様々な職種の人間が関わりますが、ざっくり言えば主に「ディレクター」「デザイナー」「エンジニア」がメインとなって進行してまいります。

その中でもディレクターは、各プロジェクトのリーダーとして、窓口として、お客さまと一番接する機会の多い立場です。

そんなディレクターがディレクションという業務を通じて、普段どんなことを考え、お客さまやプロジェクトメンバーとどんなことをしているのか、言うなれば「Webサイト制作業務の見える化」、そういったコンセプトで、定期的に発信していければと考えています。

今日は、記念すべき1回目の記事ということもあり、うちのディレクターの主な業務内容や大切にしていることを書いてみようと思います。

Webサイト制作会社さんによっても異なりますので「アットノエルの場合」という前提で読んでくださると嬉しいです。

ディレクターの仕事内容

演出家。監督。また、制作責任者。

Googleで検索してみるとこんな風に出てきますが、実際の具体的な業務としては、弊社Webサイトやお電話でいただくお問い合わせ・ご相談メールの対応から、制作業務の進捗管理はもちろんのこと、企画、設計、競合調査等々、いわゆるマーケティングやコンサルティング業務もディレクターが担っています。

うちのディレクターをひとことで言えば「相談役」。Webや集客、ブランディングに関することはもとより、お客さまや、チームメンバーからなんでも相談してもらえる人であって欲しい、そうありたいと考えています。

ディレクターの心得

うちのディレクターがどんなことを大切にしているか、ということにも触れたいと思います。

1.勤勉

提案力、即答力を養うため、Webに対する勉強は必須です。
Webだけではいけません。お客さんの業界のことを学ぶ姿勢・必要性があります。
常に好奇心・向上心を持つことが大切です。

2.謙虚

どんなに成果が上がっても、お客さま、メンバーの力があってこそ。

慢心せず、視野を広く持ち、様々な状況を想定し、行動することが大切です。

3.素直

相手の意見をきちんと受け取り「ありがとう」「ごめんなさい」がきちんと言えることが大切です。

 

ごくごくあたりまえのことかもしれませんが、このあたりまえのことをあたりまえにできることを、とても大切にしています。

 

また、うちのディレクターは制作(デザイン・コーディング)も最低限できないと、もっと言えば、デザイナーやエンジニアとしての経験がないと、ディレクターにはなれません。

これは、お客さまからいただくあらゆる質問やご相談に、極力その場で即答、解決策を提案して差し上げるためです。

質問をいただくたび、「デザイナーに確認します」「エンジニアに確認します」ばかりでは、まったくことは進みません。お客さまのパートナーとして信頼関係を築いていくことも難しいでしょう。

まとめ

第一回目ということで、うちのディレクターがどんなことを大切にし、どんな業務をしているのか、ざっくりと書かせていただきました。

少しでも伝われば嬉しいです。

 

ではでは。

 

この記事をシェアする

お問い合わせ CONTACT

数あるWeb制作会社からアットノエルを見つけてくれた方へ。
Web制作会社・パートナーを変える必要はもうありません。
「もっと早く出逢いたかった」そうおっしゃっていただけるのがわたしたちの誇り。
企画から制作、集客サポートまで、総合的にわたしたちがサポートさせていただきます。

電話受付時間 10:00〜17:30