わかりにくいホームページとわかりやすいホームページの違い

「うちのサイトわかりにくいんです‥どこに何があるのか‥」

これまで一生懸命ページを増やしてきた、そういった会社さんほど、ページ数が多いだけに、“どこになんの情報があるのかわかりにくくなってしまった” というお悩みを抱えているようです。

一生懸命ページを増やしてきたこと自体は素晴らしいのですが、逆にそれがあだとなってしまうケースですね。

わかりにくいホームページとわかりやすいホームページの違い、それは「設計」がちゃんとできていないからです。

「Webサイトの設計?」そんなふうに思われる方も多いと思います。

今日はそんな「Webサイトの設計」について、書いてみようと思います。

Webサイトは、いきなりデザインしない。

ヒアリングの後、早速デザインに入っていきたいところですが、実はそうではありません。

どんなデザインになるのか、早く見たいお気持ちもよくわかります。

ですがその前に「どこに」「何を」載せるのか。それらをきちんと整理する必要があります。

専門用語で「ワイヤーフレーム」と言います。

制作するページのおおまかな構成図、もしくは、デザインの下書き、とでもとらえていただければ結構です。

ここがきちんとできていない場合、どこに何があるのか、よくわからないサイトができあがってしまいます。

例えば、
・メニューはどこに置くのか、どういった順番で載せるのか
・どこに、何を、どういった順番で載せるのか
・各コンテンツの管理方法や、どことどこを連携させるか
なども含め「設計」と呼んでいます。

見た目だけきれいにしても意味がない。

わかりやすいサイトになるようリニューアルしたいのですが.. そうご相談いただくことが多いのですが、必ずしもリニューアルすれば良いとも限りません。

見た目だけきれいにしても、設計ができていなければ意味がありませんし、逆に言えば、今のデザイン、今のサイトの内容のまま、情報の置き場所を整理するだけで、かなりわかりやすいサイトになることもあります。

「デザイン」という言葉は「装飾、見た目の表現方法」といったニュアンスで使用することが多いですが、そもそも「Design」とは直訳で「設計」という意味なんですよね。

見た目のテイストや表現はもちろんのことで、どこに何を置くかも含めて、きちんとデザインできていないといけないのです。

アットノエルは設計に力を入れています。

わかりやすいサイトにすべく、アットノエルは特にこの「設計」の部分に力を入れています。

担当プランナーはもちろんのこと、デザイナー・エンジニア・ディレクター、プロジェクトメンバー全員で議論し、構成を組み上げていきます。

せっかくつくるホームページ、見た目だけではなく、見る人にきちんと伝わる、見やすくわかりやすいサイトにしましょう!

この記事をシェアする

お問い合わせ CONTACT

数あるWebサイト制作会社からアットノエルを見つけてくれた方へ。
Webサイト制作会社・パートナーを変える必要はもうありません。
「もっと早く出逢いたかった」そうおっしゃっていただけるのがわたしたちの誇り。
企画から制作、時には経営理念策定のお手伝いまで、総合的にサポートさせていただきます。

電話受付時間 10:00〜17:30